情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

確かにフランチャイズ経営の不動産屋はそのネットワークの広さから、安心感がありますが物件のオーナーと全く面識が無いケースがほとんどです。
ですので「子供の入居不可 」などといった単純な条件の見落しが頻繁にあり、審査で落とされやすくなっています。

 

フランチャイズの不動産屋は、その他の不動産屋から物件を紹介してもらっているケースが多いので、正直良い物件が揃っていません。
つまり情報の伝達能力が遅いのです。実際に大家さんや周辺環境について問い合わせをしたとしても、聞き流されてしまうケースだってあるのです。最近ではフランチャイズ経営をしている不動産屋が多くなってきましたが、その特徴としては物件のオーナーと直接やり取りをしているワケでは無いということです。
カウンターで確認することの出来る情報というのは、白黒で印刷されており書式が統一されていないものとなっています。 最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。

杉並区 賃貸のコツ
http://www.gulliver-nakano.jp/
杉並区 賃貸はここへ



情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋ブログ:19 9 20

一見、ちゃんとした料理なのに、
娘の咀嚼回数が減ってしまうのは、
ママが料理で野菜を細かく切り過ぎてしまうからである。

野菜を細かくしてしまうと、
食物繊維が粉々にされるので、
娘はそれほど噛まなくても飲み込むことができてしまう。

そのため娘はろくに噛みもせず、
食べ物を流し込んでしまうのである。

まず要注意なのは、カレー。
カレーを作る時に、人によっては野菜を細かく切り過ぎてしまい、
娘はカレーを飲み込む以外に手がなくなってしまうのだ。

野菜を細かく切るからこそ、
カレーが飲み物になってしまうのであって、
きちんとした食べる事にするためには、
野菜を大きく切って飲み込めないようにした方がよい。

シチューも同じことであって、
野菜を細かく切り過ぎてしまうと、
シチューをクチに入れた際、
全然噛まなくてもいい状態になってしまう。

高級レストランなら、
そういう料理が出されれば美味しいと思えるが、
家庭料理でそのような料理を出そうものなら、
ママとしては失格なのだ。

美味しい料理を出すだけでなく、
その料理を娘がどのようにして食べるかまで想像できなければ、
娘にきちんとした愛情を注ぐことはできないと思う。

ママとしては
連日食べる事を作らなくてはならないので、
安易に娘の要望に応えてしまう危険性がある。

でも
娘の顎を鍛えるためには、
娘の好きな料理を出し過ぎてはいけない。

娘は楽して食べられるから、
どうしても柔らかい料理を好む。

娘に堅い物を食べさせ続けるためには、
1ヶ月単位で献立を作っておくべきである。

連日思いつきで料理をするのではなく、
料理の計画表を作っておけば、
食べる事のネタに困ることもない。



このページの先頭へ戻る