不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

「面倒くさいから適当に条件を決めておいて不動産屋に相談をすればいいや」と考えている人が実際に多くいらっしゃいます。
しかし条件の伝え方によりましては、その後の物件選びが左右されることになるので注意が必要なのです。

 

貴方が不動産屋の担当者に希望の条件を伝えることで、その条件に近い物件を探してくれることでしょう。
なので恥ずかしがって条件を曖昧にしてしまうと、的確な物件探しをしてもらうことができなくなってしまうのです。多くの不動産屋では、利用者と担当スタッフマンツーマンで相談をしながら物件を探していきます。
この時にあなたの条件を伝える必要がありますがが、この時に話す条件の伝え方が物件選びで最も大切なことなるのです。 そもそも賃貸物件というのは、何度も引っ越しを繰り返しているような飽きっぽい人にピッタリの物件となります。
分譲物件を購入し、自分の財産にするのも一つの理想と言えますが、慌てて購入する前に賃貸を利用するのが大変便利です。



不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:02 8 20

モチベーションが低下している時って
踏み台昇降などを最初から50回、100回やろうとすると、
やる前から気が滅入ってやる気が無くなってしまいます。

私は連日、
9時に踏み台昇降80回を日課にしているのですが、
最初から「絶対80回やるぞ!」と
意気込んでやっているわけではありません。

「ちょっと9時寝坊しちゃったし、調子も良くないから
 今日は20回くらいしかできないかもしれないけど
 とりあえずやっておこう」

そんな気持ちで初めて、やっているうちに
「まだできるぞ!えーい80回やっちゃえ!」って感じで
連日続けています。

始める時はモチベーションが落ちていて当然です。
そんな時に
無理やり自分を奮い立たせようとするのはエネルギーが要ります。

もちろんやる気満々のエネルギッシュな人は、
それで行動できるんでしょうが、
そうでない私のような人は、
連日そんな風にエネルギーたっぷりに行動できるわけではありません。

今まではこんな自分を見て
「だからシェイプアップできないんだ…」
と思っていました。
読者様の中にも、そう思っている人は多いのではないでしょうか?

でも、ちょっとした心の持ち方で変われると思うんです!

「とりあえず5回でも10回でもやってみよう」
という
「とりあえず」の気持ちを大事にして、
回数を減らしてもいいから連日続ける…

連日やれなくて24時間休んだ日があったとしても、
「とりあえず」次の日から再開する…

夕食でも食べ過ぎた日があってもいいから、
次の日は「とりあえず」元のシェイプアップ生活に戻す。

そんな「とりあえず」な気持ちの持ち方が、
私のような根性無しの人でも
シェイプアップを続けさせてくれて、
大きな成功につながる原動力になると思っています。


このページの先頭へ戻る