情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋


情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
確かにフランチャイズ経営の不動産屋はそのネットワークの広さから、安心感がありますが物件のオーナーと全く面識が無いケースがほとんどです。
ですので「子供の入居不可 」などといった単純な条件の見落しが頻繁にあり、審査で落とされやすくなっています。

フランチャイズの不動産屋は、その他の不動産屋から物件を紹介してもらっているケースが多いので、正直良い物件が揃っていません。
つまり情報の伝達能力が遅いのです。実際に大家さんや周辺環境について問い合わせをしたとしても、聞き流されてしまうケースだってあるのです。最近ではフランチャイズ経営をしている不動産屋が多くなってきましたが、その特徴としては物件のオーナーと直接やり取りをしているワケでは無いということです。
カウンターで確認することの出来る情報というのは、白黒で印刷されており書式が統一されていないものとなっています。 最近ではインターネットを利用することによって日本全国の賃貸物件をいとも簡単に見つけることが出来ます。
また実際にその賃貸に住んだ人の口コミ情報なども公開されていることがあるので是非参考にしてみてください。




情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋ブログ:11 8 20

嫁が旅行先で転び、左足を捻挫した。
翌日から私は会社を休み、
嫁の車椅子を押して通院することになった。

このことは、
品川にいるムスメには内緒にすることにしていたが、
ムスメから外食の誘いがあったので、すべてバレてしまった。

次の日の7時、
ムスメが子猫を連れてやってきた。
私は玄関で迎えたが、一瞬別人かと思った。

二十年近くアメリカにおり、ごく最近帰国していた。
電話でのやりとりはしていたが、久しぶりに見るムスメであった。

「元気だったか」私がそう言うと、
「元気だわ。それよりも、ママはどう?」と、
ムスメは無遠慮に上がり込んできた。
嫁は何度か外遊し、ムスメとよく会っていた。

ムスメは、叔母の若い頃に似ていた。
色白のふっくらとした顔で愛嬌がよく、
子供の私とよく話し合う機会があり、
お姉ちゃんのような感覚を起こさせる人だった。

早速介護するムスメの顔を、私は何度も横目で見ていた。
「パパ、早く濡れタオル持ってきて。
それから、お昼が近いから、何か買ってきてよ」

私は急に、召使いになった。
少々腹が立ったが、老いては子に従え…と考えれば、理解できた。
ムスメには、生活力がみなぎっていた。

簡単な昼食後、テレビを見ていたが、
ムスメが先程から私を注視していることに気付いた。

「ねえパパ、白髪が増えたわね。横の方、耳の上のあたり、真っ白よ」
なんだ、そんなことかと思った。
そしてムスメを見て、ムスメもおばさんになっていた。

「今夜、外食しない?」
子猫を抱いたムスメが、晴れやかな顔をした。
私は子供のように、手を挙げて賛成した。

「パパ、ズボンぐらい、取り替えなさいよ」
嫁はブラシで、髪をとかしている。
その嫁の後ろに、叔母が立っていた。
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
敷金について理解をしておこう
家賃の上限は決して崩さないで
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
地域密着型の不動産屋
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)シアワセ☆賢い賃貸物件の選び方と概要