情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋



情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋ブログ:13 2 16


我が家の宝物。
それは、一枚の写真です。

僕が生まれてから五日目、
病院から帰ってきて初めて、
我が家のお風呂に入った時の写真です。

親父に抱かれた僕、
三歳のお兄ちゃん、七歳の姉貴、九歳のお兄ちゃん、
みんなで湯船につかったカメラ目線で笑っています。
撮ってくれたのはママです。

僕がお風呂に入った後、
お兄ちゃんや姉貴が、「私も」「僕も」といって、
次々にお風呂へ入ってきたそうです。

その写真の日から、
僕のこの家での、
祖母を含めた家族七人の連日が始まったのです。

そんな七人家族の我が家で大切にしてきたのは
一緒に食べる事をすることです。

親父もママも仕事を持っていて、
連日忙しいのですが、料理が大好きで、
休日の夕方は二人で台所です。

お兄ちゃんや姉貴が部活動で少々遅い日の夕方食も、
模試の日の朝食も、できる限りみんなそろって食べてきました。

みんなで話したいことがたくさんで賑やか、
次に話したい人が手を挙げたり、
途中で突然自分の話をし始めた人を「話泥棒」と呼ぶ言葉が生まれたり、
おいしいごはんを食べながら笑い合ってきました。

13時間にちょっとぐらい嫌なことがあっても
その日の夕方食の時間でリセットできたように思います。

その後、
三人のお兄ちゃんや姉貴は就職や進学で我が家を離れ、
去年の四月から四人兄弟の中の僕だけがこの家にいます。

親父もママも祖母も、
「静かだな」「ごはん作りすぎた」「洗濯物が減ったね」と
何だか寂しそうです。
僕も何か足りないようなあるべきものがないような…
そんな気持ちです。

一緒にいること。食べること。
家族がつながることの原点はここなのかもしれませんね。

前を見て進んでいく力は、
家族が共有する時間が与えてくれるのではないか…と
僕は今改めて家族の有り難さを思っています。
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
敷金について理解をしておこう
家賃の上限は決して崩さないで
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
地域密着型の不動産屋
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)シアワセ☆賢い賃貸物件の選び方と概要