不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう


不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
「面倒くさいから適当に条件を決めておいて不動産屋に相談をすればいいや」と考えている人が実際に多くいらっしゃいます。
しかし条件の伝え方によりましては、その後の物件選びが左右されることになるので注意が必要なのです。

貴方が不動産屋の担当者に希望の条件を伝えることで、その条件に近い物件を探してくれることでしょう。
なので恥ずかしがって条件を曖昧にしてしまうと、的確な物件探しをしてもらうことができなくなってしまうのです。多くの不動産屋では、利用者と担当スタッフマンツーマンで相談をしながら物件を探していきます。
この時にあなたの条件を伝える必要がありますがが、この時に話す条件の伝え方が物件選びで最も大切なことなるのです。 そもそも賃貸物件というのは、何度も引っ越しを繰り返しているような飽きっぽい人にピッタリの物件となります。
分譲物件を購入し、自分の財産にするのも一つの理想と言えますが、慌てて購入する前に賃貸を利用するのが大変便利です。




不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:03 6 20

今日は大切な日なんです♪


減量に成功して、
スリムになった自分を想像したらワクワクしますよね?

でも、無意識の中ではちょっと違う動きをするようなんです。

それは、
今まで自分が体験したことない状況を本能的に避けて、
自分が経験している状態を好む…という本能で、
「ホメオスタシス(自己恒常性)」と呼ばれているものなんだそうです。

これは肉体の働きにも備わっており、
減量していても最初はなかなか減らないのも、
自分が長い間過ごしてきた体重に戻そうとする
「ホメオスタシス」の本能が働き、
食事の量が減れば食欲を増長して食べさせようとし、
肉体もエネルギー消費しにくい肉体にして
脂肪を温存しようとします。

これと同じような働きが脳にも作用し、
「減量に成功するぞ!」と思っても
「本当に成功するの?今まで何度やってもダメだったじゃない」とか
「そんな減量やったら体に悪いんじゃないの?」とか、
いろいろな「自分が成功できない理由」を頭の中で考え始めます。

つまり「自分自身で減量を失敗させようとする」のです。

これが本能的に
減量に成功することを恐れ、
元の状態に戻そうとする脳の本能なのです。

これは、
減量成功の経験が少ない人ほど強力に働くもので、
それがいつしか「自分は痩せにくい肉体」だと思ってしまう傾向があります。

これは本人の意識の問題ではなく、
ホメオスタシスという脳の本能の働きなので、
当人がこらえ性がないとか怠惰であるという事ではないのです。

ましてや「痩せられない肉体」だという事でもありません。

人間は生きていく以上はエネルギーを消費しますし、
そのための食物も必要です。
それらのバランスを変えてあげれば、減量は成功します。

しかしそのバランスを変えるためには、
人間の「ホメオスタシス」を克服しないといけないんですね。

嗚呼,いい気分

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
敷金について理解をしておこう
家賃の上限は決して崩さないで
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
地域密着型の不動産屋
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)シアワセ☆賢い賃貸物件の選び方と概要