今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方


今でも残る礼金の使われ方
オーナーは不動産屋に対して礼金の一部を紹介料として契約終了後に支払っていることもあります。
昔から慣習として礼金が定着をしていることから、大家さんが自腹を切って不動産屋に紹介料を払うという習慣は実際のところ無いのです。

一般的に礼金は家賃の二ヶ月分程度となっていますが、その場合には半分の一ヶ月分を大家さんは不動産屋に支払います。
名前は異なっていますが、大家さんが支払う紹介料というのを、入居者であるあなたが代わりに支払っている構図となります。礼金に対して「どうして謝礼を支払う必要があるの?」と想われる人がいるかもしれませんが、これは戦後から始まった日本の習慣なのです。
これは東京を中心として全国に広がってきましたが、現在におきましてはただの慣習に過ぎないのです。 賃貸物件探しで最も大切なことが、情報収集をすることと、自分の条件を優先順位を付けてメモをしておくことです。
優先順位の中でも絶対に譲ることの出来ない条件を把握しておき、下位から消していくようにしましょう。




今でも残る礼金の使われ方ブログ:20 3 20

朝!って感じの朝ですー

皆さんは聞いたことがありませんか?
「運動するのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとするダイエットに対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量は運動を休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
ことダイエットの話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後の運動とは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉は運動をやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するために腹筋や腹筋といった
運動を続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的に運動する時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行って運動をするスタイルでは、
その次に運動を行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
ダイエットは上手くいかないと思います。

・・・と、書いてみるテスト
今でも残る礼金の使われ方

今でも残る礼金の使われ方

★メニュー

不動産屋では自分の希望をそのまま伝えよう
情報伝達が遅いフランチャイズ不動産屋
敷金について理解をしておこう
家賃の上限は決して崩さないで
今でも残る礼金の使われ方
賃貸契約は基本2年間となります
大手不動産屋のメリット・デメリット
地域密着型の不動産屋
方角は自分の目で確かめよう
携帯電話の電波が届かないマンション


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)シアワセ☆賢い賃貸物件の選び方と概要