敷金について理解をしておこう

もしかして勘違いしている人もいるかもしれませんが、契約時の敷金というのは不動産屋へ支払うものでは無いのです。
敷金は契約時に不動産屋を経由して、全て大家さんに渡されているのでご安心ください。

 

日本が定める敷金というのは、賃貸の借り手の債務を担保とするものであり、物件の貸し手に一時的に渡しておくものとされています。
賃貸契約終了時に借り手に債務不履行が存在しなければ全額返金されるものとなっているのです。賃貸物件のオーナーや、また管理をしている管理会社へ一時的に預けておくこととなるのが、敷金と呼ばれているものです。
これは家賃の未払いがあった場合や、退去時の修繕や清掃費が発生した時に、敷金から差し引かれて残りは契約満了時に返金されることとなります。 自分の求めている全ての条件を満たすことの出来る賃貸物件はそう簡単には見つからないかもしれません。
しかし正しい探し方と要点さえ抑えていれば条件にピッタリの物件を見つけることが出来るでしょう。



敷金について理解をしておこうブログ:26 10 20

夏は、薄着になったり、水着になることが多いので
夏までには、痩せたいと思う人は多いですよね。
冬からから始めれば、6ヶ月はあるので、
十分にやせられると思います。

しかし、なかなか減量を始めないで、
夏直前になって、「痩せなきゃ!」と焦り、
1ヶ月で6kgも痩せるとか、
無茶な目標を立てている人を見かけることがありますが…

皆さんなら、そんな状況になったらどうしますか?

おいらだったら絶食減量ですね。
1ヶ月で6kg落とすとなれば、
食べないしかないですよね。

「夏まで我慢すれば良いんだから」と
自分に言い聞かせながら…無茶をすると思います。

確かに、絶食減量は
短期に痩せるだけであれば、ピッタリだと思います。
ただ、どうしても急いで痩せなきゃいけない
という理由があるときだけです。

絶食減量は、一時的に対処するだけであって、
ずっと続ける対処にはならないんですよね。

急激な減量は、
肉体に大きなストレスを与えますし、精神的にもきつい!!
しかも、辛い思いをしたのに、リバウンドしてしまいます。

そして、また無茶な減量…
でも、またまたリバウンド…
これでは、完全に負のスパイラル状態!!

やっぱり、減量は、
日々、そして時間をかけて行うことで、
大きな成果を得ることが出来るんですよね。

時間がかかるので、
始めは焦りの気持ちが出てしまうと思いますが、
最終的には、やってよかったと思うはずです。

「諦めなければ、夢は叶う」んです。

もし、来年の夏までに痩せたいと思っているのであれば、
夏直前になって焦らないためにも、
今から正しい減量を始めてみてはいかがですか?

このページの先頭へ戻る